売掛債権譲渡損 = ファクタリング会社の手数料分

 

もしも あなたの経営する老人ホームが、銀行や金融機関から融資を受けて借り入れをすると、入金されたお金は負債扱いになります。お金を借りている訳ですから、当然のことですよね。ですから負債と記載することにより貸借対照表(バランスシート)が悪化するという結果につながってしまいます。
しかしファクタリングの場合は、繰り返しますが負債扱いではなく売掛債権譲渡損という扱いになります。つまり、負債ではない資金調達ができるので、バランスシートに悪い影響を与えることはありません。

もし今後、銀行や金融機関から融資や借入をすることになった場合に、バランスシートの悪い事業者には融資を渋る傾向がありますから、そういった面でもファクタリングの利用は効果的といえます。一時的な資金繰り対策のために、たとえばノンバンク系のビジネスローンなどを組んだり、消費者金融から借りたりすると、それもやはり負債という扱いになりますから、銀行や金融機関との今後の取引に悪影響を与えることになりかねません。

会計上、負債扱いにならないファクタリングはそういった意味でもおすすめの資金調達の方法と言えます。

またこの勘定科目ですが、使用している会計ソフトの中に「売掛債権譲渡損」という科目がなければ、「雑損失」「債券割引料」「支払い手数料」という科目で記載しても問題ないと考えられます。
※もし契約されている税理士や会計士がおられる場合は、一度ご相談のうえご確認してください

ファクタリングに消費税はかからない
債権譲渡というのは、実際は有価証券扱いとなります。債権をファクタリング会社に譲渡する訳ですが、その譲渡には消費税をかけることができない決まりになっています。つまり非課税取引ということになります。
それでファクタリング会社が消費税分を上乗せして、請求することはありません。
細かな事ですが、しっかり覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です