老人ホームの経営にうってつけの介護報酬ファクタリングとは? 

では最初に、Factoring(ファクタリング)というサービスの仕組みについてご紹介させて頂きます。

ファクタリングというのは、あなたの経営する老人ホームや会社や施設が有する、売掛金(債権)をサービスの提供会社に買い取ってもらうことで、極短時間で現金化してくれるサービスのことを言います。

ファクタリングとは売掛金(債権)を買い取って、すばやく現金化してくれるサービス

老人ホーム経営-レセプト請求による介護報酬を活用した資金繰りを良くする方法

一般の会社や企業で例えると、売掛販売が大半と思いますので、商品(サービス)を販売(納品)した後に、代金の支払いが完了するまでに一定の期間が必要になります。この期間を売掛が発生している状態といい、同時に売掛金(売掛債権)が発生します。
この売掛金が実際に入金されるまでに、1か月や2か月といった様に、取引先に応じての約束事があり、販売の後 支払いが完了するまでに取引先に応じた待機期間が発生することになります。

売掛販売で発生する、この売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、取引先との約束期間よりも短い期間で現金化することが可能になるというサービスになります。
このファクタリングというサービスの大きな特徴は、銀行や他の金融機関からの融資や借入とは大きく異なります。
融資や借入とは、お金を貸してもらうと言う行為になりますので、あなたの会社では経理上「負債」が発生した事となります。しかし、ファクタリングとは入金予定の売掛債権を譲渡(買い取ってもらう)ことにより、当初の入金予定よりも早く現金を受け取る事になるため、「負債」という扱いになる事はありません。

ファクタリングは借り入れ(負債)ではない

お金を新たに借りたのではなく、受け取る予定の自社の収益を前倒しで受け取ったことになります。
ですから、借りない資金調達という言い方をする、新たな資金調達方法という訳になります。

では介護報酬ファクタリングの場合はどのような仕組みになるのでしょうか?
介護報酬ファクタリングの場合は、買い取ってもらうものが売掛金(債権)ではなく、あなたの経営する老人ホームや介護施設がレセプト請求し、国保連から支払われる予定の介護報酬を指すこととなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です