老人ホームの倒産が増えているという事実

 

老人ホームの経営の様な介護事業とは年配者の福祉を見守るという、社会的にも非常に尊い仕事だと言われています。
しかし、会社・施設を経営すると言うことは、間違いのないビジネスであり、きちんとした利益を生み出すことでビジネスは成り立ちます。社会的に非常に尊い仕事だと言われていても、現実的にビジネスとしての経営の観点で見れば非常に厳しい現実があるといえます。
綺麗事では済まされない老人ホーム経営の現実

この様に厳しい現実の中で、老人ホームの経営を軌道に乗せ、入居者の皆さまに満足して頂き、働く職員にも不安なく日々を過ごしてもらう為にも、安定した経営を行うのに経営者は大変な努力と苦労・心労を強いられることとなります。
日々奮闘されている老人ホームの経営者の皆さまに、経営が厳しい時の?借りない資金繰りの方法と言われる新たな観点での資金繰りについて、詳しくご紹介させていただきたいと思います。

え?借りない資金調達の方法ってあるのですか?

はい、実際にありますよ。

普通は資金調達って、銀行とかからお金を借りることを言うのでは?

はい、一般的にはそうですが、介護事業を経営されている方が特別に利用する事ができる資金調達の方法があるのです。

それは、一体どんな方法なのですか?

それは、あなたの施設が行うレセプト請求(介護報酬)を活用したもので

『 介護報酬ファクタリング 』
と言われるものになります。

介護報酬ファクタリング、または介護ファクタリングと呼ばれる場もあります。

あなたが経営する老人ホームをより良い運営状態にする為に、ご入居されている利用者の皆さま。そして施設で一生懸命に努めて頂いている職員の皆さまの安心と安定した幸せな暮らしの為にも、何より経営者のあなたにとっても非常に有益な、[借りずに資金繰りをよくする方法]について、詳しくご説明させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です