老人ホームの経営の現実

自分の老人ホームの経営が安定しない・・・

人件費の高騰に伴い、資金繰りや人員確保の問題が・・・

FCへのロイヤリティ支払いが厳しい・・・

新しく介護機器や設備を導入したいと思うのですが・・・

通常業務の妨げにならない資金繰り方法って無いのかな・・・

あなたは老人ホームを経営する事に際して、このような悩みや疑問をお抱えなら、このサイトが大きなチカラに成れると思います。

あなたが老人ホームを経営していく上で、どうしても資金繰りが厳しくなる時というのが少なからずあると思います。

介護報酬のレセプトが減額されてしまった。施設の人手不足が深刻な状態。利用者を増やすのが難しい。
設備の充実した新しい施設がオープンした。介護報酬の引き下げの影響が・・・。
と様々な理由をあげる経営者もおられます。
この様に様々な理由や事情が重なる事で、老人ホームの経営が厳しくなる場合があります。

レセプト請求の不備による収益の減額
施設の人手不足でサービスの充実が出来ない
最新設備の施設が近隣にできた
介護報酬の引き下げの影響が大きい

この様な様々な理由により、老人ホームなどの介護施設の運転資金がシショートし、最悪倒産ということになってしまう事例もあります。昨今の介護業界においてとてもショッキングなニュースだったのが、北海道で介護事業大手と言われた「ほくおうグループ」の倒産でした。
道内で総数23にものぼる介護施設を運営していた「ほくおうグループ」ですが、負債総額43億3400万円と言われる大きな負債と共に倒産したのです。

実は近年、全国の老人ホーム及び介護施設の倒産が増えているという事実を知っておられますか?
競争の激化、介護報酬の改訂引き下げ、人手不足による人件費の高騰。老人ホームの経営を取り巻く状況は悪化の一途をたどっていると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です